シズカゲルのシミ効果がすごい!シミの原因と予防

シズカゲルはアルブチンとフラバンジェノールの効果でメラニンの生成を抑制し、シミを防ぐ効果があります。

ではそもそもシミとはどういったことが原因で発生し、シズカゲル以外でどういった点を意識すれば要望できるのでしょうか。

そんなシミの原因と予防法をこの記事でご紹介!

シミの種類

1:日光黒子

多くのシミは日光黒子にあたります。主に紫外線が原因です。淡褐色~濃褐色の色素斑で、顔以外にも手、背、前腕、上背などの露出部に多いところに発生します。特に中年以降に増え、生まれてから今まで浴びた紫外線が蓄積されシミとしてカタチに現れます。

2:雀卵斑

ソバカスがこの症状にあたります。
数ミリ以下の茶色い丸斑が顔に生じ、主に頬や鼻の周りなどに多く出ることがあります。遺伝子で表れることがあり、10代の若い女性が悩まされています。

3:炎症後色素沈着

ニキビや化粧品などで肌に炎症が起こり、その後に発生するシミです。年齢、性別関係なく炎症後色素沈着は出来きますが、時間とともに治ることが大半です。

4:肝斑

女性に多く生じるシミです。妊娠や経口避妊薬などにより女性ホルモンが関連して発症するとも言われています。高齢者にはみられず、若中年層が主な層となっています。

紫外線で悪化するので、この症状が起こっている時にレーザー治療を行うのはオススメしません。

シミの原因

シミの原因は4つあります。

1:お肌ケアを間違えて行っている

日々の洗顔や化粧水を塗る時など、強くお肌をこすっていませんか?
乾燥肌のかたは特に、肌の角質を傷つけてしまうとメラニン色素が沈着しシミの原因となってしまいます。

朝の洗顔は軽く水洗いで済ませ、夜に洗顔料を使用してしっかりケアでも良いかもしれません。

2:紫外線・乾燥

シミと紫外線の繋がりは有名ですよね。紫外線の影響でメラニンの活性化を引き起こします。
紫外線を防ぐのに日傘や日焼け止めクリームを使用していると思いますが、それでは限界があります。

紫外線に有効なビタミン類を摂取して抵抗力を強めましょう。

3:ソラレンの多量摂取

ビタミンCを摂取するのに効果的なのがレモンやオレンジなどといった柑橘類です。

しかし柑橘類にはソラレンが含まれており、これが紫外線と高く結びついてシミにつながりやすいという説があります。不安な方はサプリでのビタミン摂取がオススメです。

4:ホルモンバランスの変化

女性は妊娠中「エストロゲン」というホルモンの分泌が多くなります。
それが原因でメラニン色素を作る細胞も刺激を受け、シミができやすい体質になってしまします。

妊娠中こそシミ対策をきっちりしてくださいね。

シミの予防法

では実際にどんな予防を行えば良いのでしょうか。

1:日焼け止め対策

日々の日焼け止めをしっかり行い紫外線対策をしましょう。

夏場や冬場だけでなく、1年を通してクリームを塗るのがオススメです。

2:保湿

保湿を行うと、メラニンの過剰生成を抑えることが可能です。男性は保湿を忘れがちですが、しっかり保湿ケアを行いましょう。

3:栄養成分の意識

シミ予防に効果的な栄養素は下記があげられます。

  • ポリフェノール
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • コエンザイムQ10

4:シズカゲルでケア

シズカゲルにはシミを防ぎ改善してくれる、アルブチンやフラバンジェノールだけでなく、勿論ビタミンやセラミドなどといった予防成分が含まれています。

①アルブチン

②フラバンジェノール

③シア脂

④オリブ油

⑤天然ビタミンE

⑥ユキノシタエキス

⑦ビルベリー葉エキス

⑧マロニエエキス

⑨カンゾウフラボノイド

⑩セラミド

⑪スクワラン

また1本で5役(化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック)ができるので、余計な手間がかかりません。

シズカゲルは美白やシワに効果なし?口コミや成分などから調査しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする